忍者ブログ

ゆっくりと小説を書こう

小説の書き方やお役立ち本などを紹介するBlogです。「小瀬朧」名義で第9回ビーケーワン怪談大賞をいただきました。twitterでtwnovelや短歌などを発表中。

[PR]

投稿日:2017年09月25日(月)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

BOOKOFFと消しゴム

投稿日:2008年09月21日(日)

BOOKOFFのヘビーユーザー(?)に消しゴムは欠かせない。

ヘビーというほど大量に買い込んでいるわけではないけれども、わりと頻繁にBOOKOFFを利用しているつもりだ。とにかく105円で本が買えるのはありがたい。しかもBOOKOFFのシステムなら本の価値に関係なく一定のルールで105円になるのだから掘り出し物が見つかることも多い。

ところが、なぜか俺の行くBOOKOFF(2店舗あるけど)でそういう本を買うと凄まじい量の書き込みや線引きがされていることが多い。先に書いておくと、俺は書き込みされた古書でもかまわない。売るなとは言わない。書き込みされているぐらいで貴重な本が買い取り不可、結果として廃棄されるのではもったいない。かといって、他人の書き込みが気にならないのではない。せめて50円ぐらいにしてくれないかな。

最近買った本も、そのほとんどに鉛筆で線引きがされていた。ジャンル的に同じ本なので、たぶん同一人物がまとめて売ったのだと思う。フリーハンドで引かれた線の脱力具合が同じに見える。ぐにゃーっと、だらしねぇ。それとは別に、定規を使ってまっすぐに線を引いてある本もあるから、なんだろう、このBOOKOFFの近所には線引きが好きな人が多いのだろうか。

とはいいつつも、岩波のショーペンハウエルのある一冊を見つけて、何気なく中を見たら尋常じゃない量の書き込みがそれこそもうびっしりとされており、タイトル的にも何かやばい気配を感じてしまって買えなかった。あれはやばい(『~について』シリーズで暗そうなタイトルのアレ)。アレにあれだけ書き込みをした元の持ち主はその後どうなったのだろう。何を学んだのだろうか。

そんなわけで、今も消しゴムを傍らに置きつつ読書している。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

twitter

facebook

レコメンド

人気記事

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

★ブログランキングに参加しています。

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
小瀬朧
性別:
男性
自己紹介:
創作怪談、twitterの短文小説#twnovel、短歌など。
メールでのご連絡は benzine100@gmail.こむ スパム対策なのでこむをcomにかえてください。 


バーコード

ブログ内検索

あわせて

あわせて読みたいブログパーツ

アクセス解析

忍者アナライズ

お知らせ