忍者ブログ

ゆっくりと小説を書こう

小説の書き方やお役立ち本などを紹介するBlogです。「小瀬朧」名義で第9回ビーケーワン怪談大賞をいただきました。twitterでtwnovelや短歌などを発表中。

[PR]

投稿日:2017年12月13日(水)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

三島由紀夫の

投稿日:2009年04月06日(月)

『文章読本』を再読していた。

三島由紀夫は嫌いではない。好きでもない。これといった思い入れはない。だから『文章読本』を初めて手にしたときは、かなりぞんざいに目を通していた。

いいかげんな気持ちで読んだというよりは、自分自身の文章を書く能力が足りていなかったため、結果として理解が追いつかなかったというわけだ。やっぱり、どの作家の「文章読本」の類であっても、実際に自分で文章を書いてみないと気づかない、読み取れない部分があるらしい。

一朝一夕にというかインスタントにというか、手っ取り早く文章上達の核心に触れるなんてのは無理なんだね。

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

こんにちは。
私も三島先生はいくつか読みましたが、結論は「誰もが三島由紀夫になれる訳では無い」でした。(当たり前ですが)
本当に、実際に自分で書いてみないと(形にしてみないと)理解出来ない事は多いですよね。
特に「読んだから」と言ってそれが「実践出来るか」は別の話。
いつでもウロウロしながら、「自分の形」を捜し求めて彷徨っています。

>>さくらさん

さくらさんこんにちは。

自分の形を捜し求めるというのはいいですね。私もいつか見つけたいと思います。

さくらさんのおっしゃるとおり、誰もが三島由紀夫になれる訳ではないんですよね。三島由紀夫に限らず、丸谷才一や谷崎潤一郎やそのほか錚々たる作家たちの文章読本も同じくですね。かといって、仮に完全に理解できたとしても、有名作家のコピーは必要とされないわけですから、やはり「自分の形」を追い求めることになりそうです。

トラックバック

twitter

facebook

レコメンド

人気記事

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

★ブログランキングに参加しています。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
小瀬朧
性別:
男性
自己紹介:
創作怪談、twitterの短文小説#twnovel、短歌など。
メールでのご連絡は benzine100@gmail.こむ スパム対策なのでこむをcomにかえてください。 


バーコード

ブログ内検索

あわせて

あわせて読みたいブログパーツ

アクセス解析

忍者アナライズ

お知らせ