忍者ブログ

ゆっくりと小説を書こう

小説の書き方やお役立ち本などを紹介するBlogです。「小瀬朧」名義で第9回ビーケーワン怪談大賞をいただきました。twitterでtwnovelや短歌などを発表中。

[PR]

投稿日:2017年10月24日(火)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パパ気分

投稿日:2009年05月07日(木)

連休も終わるので、妹から姪を一日借りて(この表現よくないよね)、いろいろなところへ遊びに出掛けた。

ちょうどオープンしたばかりの食品スーパーだのショッピングモールだのが何カ所かあるので全部回ることにした。

姪を抱っこして歩き回る私の姿は、傍から見ればごく普通のパパに見えたと思う。あんなデブで禿でも結婚できて子どもがいるんだろうなあ、と周りの人から見られたのなら、とてもうれしい。

ところで、今上で書いた「あんなデブで禿でも~」という表現はじつによくない。書いている本人は謙遜じみた卑下のつもりかもしれないが、それはつまり、書く人(といっても私だが)の人間観を如実に表わしている。すなわち、私にとって太っている人や頭髪の薄い人とは、より劣った存在として認識しているということだ。まあ、こんな些細なことでつまらない人間性を透けさせてしまうようではお先真っ暗だな。

ところて、今上で書いた「こんな些細なことでつまらない人間性を~」という表現はじつによくない。(以下飽きるまでループ可能)


それはともかく、確かに幼児を抱っこして歩き回っていれば一見パパのようではあるが、姪は私に向かって「おじちゃん、みて」「おじちゃん、きて」「おじちゃん、だっこ」「おじちゃん、あっちいく」「おじちゃん、これなんだ」「おじちゃん、じゅーす」「おじちゃん、おかし」……とおじちゃんを連呼、しかも大声なので、周囲から一瞬だけ奇異の目を向けられる。

最近は開き直って、私自身、自分のことを「おじちゃん」と呼ぶことにし、しかも大声(そういう血筋らしい)なので、それも相まって、周囲の奇異の目はすぐに理解の目へと変わる。そういう関係なんですよ、あははは。

しかし、私は基本いいなりなので、姪に「おじちゃん、ここすわって」と言われれば、そこが床であろうが地べたであろうがすぐに座るため、やっぱり最後は奇異の目で見られるわけだ。私と姪の様子を見ている人は、きっと頭のなかで、親ばか……いやおじさんの場合はおじばか……なのか、と考えることだろう。

あー。

途轍もなく、どうでもいい話ずら。

 

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

この気分を

このパパ気分を、創作に生かせれたらいいですよね。
自分は親なのだが、全然そういう家族的なものを創作に生かしきれていないと思う気分になった。何か考えなくては~。

>>小生さん

小生さんこんにちは。

そうですね、自分でもぜひ生かしてみたいと思います。

小生さんは謙遜なさっていますが、親であるという事実はきっとご自身の創作に良い影響を与えていると思いますよ。

それがですね。

親視点は、少ししかなくって
第3者(客観)視点がほとんどなんですよ。
子供を見る時にでも、悲しい性です。
冷静に見てしまうクセついてます。
(これでネタで創作出来るかな)
創作してから、いやある時期から物や人を見る目が変わってますよ。怖いぐらいに。
信じられないでしょうが。

>>小生さん

興味深い話です。
小生さんは創作によって物や人を見る目が変わったのですね。冷静な第三者の視点で見られるというのは、創作者としてはうらやましいことかもしれません。

姪ができてからは、私はすっかり子どもを見る目は変わりましたよ。昔はどうしようもないぐらい子ども嫌いだったんですけどね。今じゃ、余所の子でも可愛いと思うようになってしまいました。

トラックバック

twitter

facebook

レコメンド

人気記事

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

★ブログランキングに参加しています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
小瀬朧
性別:
男性
自己紹介:
創作怪談、twitterの短文小説#twnovel、短歌など。
メールでのご連絡は benzine100@gmail.こむ スパム対策なのでこむをcomにかえてください。 


バーコード

ブログ内検索

あわせて

あわせて読みたいブログパーツ

アクセス解析

忍者アナライズ

お知らせ