忍者ブログ

ゆっくりと小説を書こう

小説の書き方やお役立ち本などを紹介するBlogです。「小瀬朧」名義で第9回ビーケーワン怪談大賞をいただきました。twitterでtwnovelや短歌などを発表中。

[PR]

投稿日:2017年10月24日(火)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ことば選び実用辞典』

投稿日:2009年05月13日(水)

・ことば選び実用辞典
ことば選び実用辞典 

コンパクトで携帯に便利な類語辞典。キーワード(見出し語)は約580語、漢字語を中心に約1万語を収録。値段は定価630円(税別)と、辞典としては非常に安価。出版社は学研。

キーワードは「あい(愛)」から始まる50音順で、日常的によく使われる言葉からひくことができる。

たとえば「さびしい(寂しい)」をひいてみると、「閑寂」「空寂」「荒涼」「索漠」「殺風景」「寂然」「寂寞」「蕭条」「悄然」「蕭然」「寂寞」「寂寥」「貧寒」「幽寂」「落莫」「寥寥」と16語が並ぶ。それぞれの語には簡単な語義と用例が掲載されている。
しずかでものさびしい。【閑寂】[例]閑寂な環境を好む人。
語義と用例で言葉を挟むように配置されているのが特徴(実物は縦書き)。

なぜこれを選んだか、理由は3つある。

・サイズが小さく、つねに手元に置いておける
・見出し語が50音順なのでひきやすい
・上2つの理由から、素早く言葉を探すことができる

サイズは高さ約15センチ、幅約9センチと文庫本の幅だけを少し短くした程度。これは片手にちょうど収まる大きさなので、左手で言葉を調べながら右手でキーボードを打ち続けることもできる。表紙にはビニールカバーがつけられ、耐久性も十分。実用辞典というだけあって、確かに実用的なのがいい。

見出し語が50音順なので直感的にひくことができる。たとえば「話す」を別の言葉で言い換えたいと思ったときは、この辞典の「は」行を捲ればすぐに「はなす」という見出し語を見つけることができる。また巻末には見出し語と収録語の索引がある。実際は、探したい言葉がどんな見出し語に属するのかよくわからないと思うので、巻末の索引を見た方が早いかもしれない。

類語辞典というと、角川の『類語国語辞典 』が一般的(好みの問題は別として)だけど、ちょっとした「あれなんだっけかなあ」ぐらいの言葉を探すのには手間がかかる。だから、角川の類語辞典からよく使うだろう言葉の項目だけを抜き出しておこうかと考えていた。でも、そんなことをするぐらいなら、よく使う言葉だけが載っている辞典を買えばいいのではないか、と気づいたわけだ。

ただし、収録されている語は漢字語ばかりなので、ある言葉を難しく置き換えるにはいいが、簡単に言い換えるのにはまったく向いていない。文章作法本の多くが、漢字語をあまり使わないように、と指導する向きがあるので、それを踏まえた上で使うべきだとは思う。

ともあれ、700円でお釣りがくるという安さなので、使えそうだなと思ったらとりあえず買ってみてもいいかも。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

twitter

facebook

レコメンド

人気記事

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

★ブログランキングに参加しています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
小瀬朧
性別:
男性
自己紹介:
創作怪談、twitterの短文小説#twnovel、短歌など。
メールでのご連絡は benzine100@gmail.こむ スパム対策なのでこむをcomにかえてください。 


バーコード

ブログ内検索

あわせて

あわせて読みたいブログパーツ

アクセス解析

忍者アナライズ

お知らせ