忍者ブログ

ゆっくりと小説を書こう

小説の書き方やお役立ち本などを紹介するBlogです。「小瀬朧」名義で第9回ビーケーワン怪談大賞をいただきました。twitterでtwnovelや短歌などを発表中。

[PR]

投稿日:2017年10月24日(火)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『究極版 逆引き頭引き日本語辞典』

投稿日:2009年05月15日(金)

・究極版 逆引き頭引き日本語辞典―名詞と動詞で引く17万文例 (講談社プラスアルファ文庫)
究極版 逆引き頭引き日本語辞典―名詞と動詞で引く17万文例 (講談社プラスアルファ文庫) 

「○○を~する」という形の名詞と動詞の組み合わせを調べることができる日本語辞典。

これは実例をあげたほうが利用方法がわかりやすい。

まず、名詞から調べる場合の例。「思考」をひいてみる。
しこう【思考】
 打ち砕く。追い詰める。感じ取る。逆転させる。切る。集中する。確かめる。断念する。中断する。費やす。展開する。凍結させる。放棄する。満たす。導く。めぐらす。めちゃくちゃにする。
[例]とりとめもない思考をめぐらし…阿刀田高「捩れた夜」
【思考力】 失う。伴う

これは「思考を~する」という組み合わせには、「思考を打ち砕く」「思考を追い詰める」「思考を感じ取る」……といった表現があるということを示している。

次に、動詞から調べる場合の例。「堪える」をひいてみる。
こらえる【堪える】 動
 愛撫。喘ぎ。怒り。痛さ。痛手。痛み。疼き。鬱憤。呻き。厭悪。嘔吐感。
(中略)
[例]二日酔いのむかつきをこらえていた…内海隆一郎『街の眺め』

「堪える」という言葉は、「愛撫を堪える」「喘ぎを堪える」「怒りを堪える」……と使われていることがわかる。

収録されている用例は、文芸作品など300冊の文庫本で実際に使われている17万例。言葉によっては、上で引用したように、作品内での使われ方が例文として掲載されている。

本書のサイズは、タイトルに辞典とついてはいるが、普通の文庫本。講談社+α文庫の一冊。定価は、文庫本としては高めの1900円(税別)だが、1000ページ近い大冊なので納得できる。

使ってみると大変便利で、文章を書くときには手放せない辞典だ。

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

twitter

facebook

レコメンド

人気記事

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

★ブログランキングに参加しています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
小瀬朧
性別:
男性
自己紹介:
創作怪談、twitterの短文小説#twnovel、短歌など。
メールでのご連絡は benzine100@gmail.こむ スパム対策なのでこむをcomにかえてください。 


バーコード

ブログ内検索

あわせて

あわせて読みたいブログパーツ

アクセス解析

忍者アナライズ

お知らせ