忍者ブログ

ゆっくりと小説を書こう

小説の書き方やお役立ち本などを紹介するBlogです。「小瀬朧」名義で第9回ビーケーワン怪談大賞をいただきました。twitterでtwnovelや短歌などを発表中。

[PR]

投稿日:2017年09月25日(月)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

好みは変る

投稿日:2009年04月13日(月)

もともとは清水義範が好きだった。今はどういう作品を書かれているのかまったく興味はないが、私がはまっていたころは「パスティーシュ」なるジャンル(?)の作品が多く発表されていたと思う。文体模写、作風模写、なんていうのかな、パロディやオマージュとはちょっと違うんだけどうまく説明できない。まあ、パロディっていえばパロディなんだろうなあ。

早い話が、清水義範に影響を受けまくって、そーゆー文章ばかり書いていた。

ああ、でも面白かったなあ。「蕎麦ときしめん」「深夜の弁明」「国語入試問題必勝法」「永遠のジャック&ベティ」あたりはもう何度読んだかわからない。どれかに収録されていた「三流コピーライター養成講座」(ここまで記憶だけで書いているのでタイトルは間違ってるかもね)はお腹が捩れるぐらい笑った。じっさい、捩れたかもしれない。本を読んで筋肉痛になったのはそれが最初で最後だ。

ところがだ。

BOOKOFFで懐かしさからそれらのタイトルを手にとって立ち読み(家にあったのは全部売ってしまったから)しても、いったい、何がどう面白いのかさっぱりわからなくなってしまっていた。昔これを読んで大笑いしたことは覚えている。しかし、どうして笑えたのか、今の自分にはもう理解できないのだ。

もちろん、作品に問題はない。読み手である自分の心にゆとりがなくなったからだと思う。

好みが変るには理由があるんだろうなあ。


PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

こんにちは。
私も清水先生の「パスティーシュ小説」大好きでした。
もちろん挙げられた御本は全て読みましたよ!
「アイスクリームは燃えている」ですよね。お腹を抱えて笑いました。
『世界文学全集』とかも素敵なパロディだったと思います。

私も、また読みたいと思いますが、今読んだら果たしてどう感じるでしょう。
はしかみたいなものなんでしょうか?

>>さくらさん

さくらさんこんにちは。

清水義範の作品を知ったきっかけは、当時、妹が買っていた女性向け雑誌だったんですよ。たしか、笑える本を紹介するコーナーで「三流コピーライター養成講座」が紹介されていました。その特集を読んですぐに本屋へ向かい、その「三流~」が収録されている文庫を買って、一気にはまりました。
面白かったですね。新聞の投書欄やコマーシャルのパロディなんてとても斬新で笑えました。

やっぱりはしかみたいなものなんでしょうかね。
それとも、ある世代の読者のツボにはまる作品なのでしょうか。あの笑いが、今の若い人たちにも通用するのかちょっと気になるところです。

トラックバック

twitter

facebook

レコメンド

人気記事

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

★ブログランキングに参加しています。

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
小瀬朧
性別:
男性
自己紹介:
創作怪談、twitterの短文小説#twnovel、短歌など。
メールでのご連絡は benzine100@gmail.こむ スパム対策なのでこむをcomにかえてください。 


バーコード

ブログ内検索

あわせて

あわせて読みたいブログパーツ

アクセス解析

忍者アナライズ

お知らせ