忍者ブログ

ゆっくりと小説を書こう

小説の書き方やお役立ち本などを紹介するBlogです。「小瀬朧」名義で第9回ビーケーワン怪談大賞をいただきました。twitterでtwnovelや短歌などを発表中。

[PR]

投稿日:2019年08月23日(金)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

また誤用が見つかったぜ

投稿日:2008年09月06日(土)

言葉の間違いを指摘する人って鬱陶しいよね。日本語の乱れを嘆くそぶりを見せながら、実は相手を貶め、ついでに自分の知識をひけらかしたいだけだけだったりする。そのエネルギーをぜひシステムの破壊に使ってもらいものだが、馬鹿な人間はやはり馬鹿しか相手にできないらしい。そういう連中がさらに上の階梯の人間から同じようにミスを指摘されて憮然としている様を見ると、なんだ偉そうなこといっていたのにたいしたことないんだなと思ってしまう。そのストレスのはけ口が、けっきょくまた俺に向けられるのだから、体系なんて壊れようもないんだと納得するしかないわけだったりもする。会社時代、俺をいつも虚仮にしていたS君はある会議の席で「競合店」をずっと「強豪店」だと思い込んでいたことが発覚し、社長からひどく叱責され、落胆しぼんやりとしていた。ライバル店を強豪扱いしたらそりゃ社長も怒るわな。俺もここぞとばかりに大笑いしてやったが、その後S君はさらにしつこく俺のミスを見つけては笑いものにしてきたので、誰も幸せになっていないけどね。

それはともかく、また俺の間違いが見つかった。今回は「さわり」だ。それではストーリーのさわりだけご紹介しましょう、というように使われる「さわり」だ。俺はこれを物語の「はじめの部分」だとずっと思っていた。

ところが「さわり」の正しい意味は「話や物語などの要点、または、最も興味を引く部分」だったのだ。

言われてみれば、たとえばテレビで映画のさわりを紹介するときには面白そうな部分を選んでいるよなあ。その映画のオープニングだけ見せるなんてことはしていない。完全に俺の思い違いだったのか。こんなの気付ねぇよ。

もうひとつある。「申し訳ない」だ。普通、申し訳ございません、と使うけれども、これが誤用だというのだ。「申し訳ない」はそれだけでひとつの単語、形容詞であって、「申し訳」+「ない」ではない。だから「ない」の部分を丁寧に言うつもりで「ございません」とかえることはできないのだ。これは言葉のミスを指摘するのがお得意のS君でさえ知らなかったらしい。「申し訳ございません」なんて普通に毎日使っている言葉だったからなあ。口頭でも使うし、かなりの大企業からの文書でも「大変申し訳ございませんが~」と使われている。

じゃあ正しい言い方はなんだよと思ったら「申し訳ないことです」か「申し訳のうございます」だそうだ。言わねぇよ。聞いたことないよ。ていうか、申し訳のうございます、なんて面と向かって言われたら吹き出してしまいそうだ。でも面白いから俺は使おう。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

仮にも物を書こういうのなら、言葉の間違いを指摘された程度で鬱陶しいと思うのはどうかと思いますけどね。
そういう意味なんだと受け入れるべきでは?

自分の不満を相手にぶつけているのはあなたも同じ。
人を見たらまず自分を見直してみるべきだと思いますよ。

もし日本語を完璧に使える人がいるのなら見てみたいです。
言葉は生き物。言語学上は言語に正解や間違いというものはありません。
それでもできることなら規定に則った言葉の使い方をしてみたいとも思っています。




ここから蛇足。





『上の階梯の人』は誤用。誤用というよりは意味が分かっていないで使っている気がします。
階梯――昇降の階段。学芸などを学ぶ段階。なので決して地位という意味合いはありません。

憮然もおそらくは誤用。不貞腐れていたり腹を立てている、ということではなく、
『失望してぼんやりするさま。失望や不満でむなしくやりきれない思いでいるさま』が意味です。
言外に「期待していたのに」という意味が含まれるので、
『上司が信頼を置いていた部下の失敗を見て、憮然とした表情をしている』や、
『成功すると信じていた企画が失敗して憮然としている』といった感じが正しい使い方。

期待が失敗。それに対する不満や失望です。


乱文、駄文にて失礼いたしました。

>>nasiさん

nasiさんこんにちは!
いつもコメントありがとうございます。

nasiさんの書いたとおりだと思います。
言葉の間違いを指摘されるのは鬱陶しいですが、もっと鬱陶しいのはそれに対して弁解することです。
だから間違いは間違いとして受け止めます。
なんて物わかりがいいんだろう!
褒めてください。

それはともかく、一番うれしいのは、いつも私のBlogを読んでくれていることです。
こんな長文はたぶん読み飛ばされるだろうと思っていたので正直驚いています。

無題

いえ、自分も何か変なことを言ってしまったと反省しています。

毎日という訳ではありませんが気づいたときには見てます。頑張ってください。

>>nasiさん

nasiさん本当にありがとうございます。
やはり誰かに見られているという意識がないとなかなか続けることはできません。
がんばります。

トラックバック

twitter

facebook

レコメンド

人気記事

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

★ブログランキングに参加しています。

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
小瀬朧
性別:
男性
自己紹介:
創作怪談、twitterの短文小説#twnovel、短歌など。
メールでのご連絡は benzine100@gmail.こむ スパム対策なのでこむをcomにかえてください。 


バーコード

ブログ内検索

あわせて

あわせて読みたいブログパーツ

アクセス解析

忍者アナライズ

お知らせ